羽生結弦

羽生結弦の肌はなぜ綺麗なのか「スキンケアの秘訣」毛穴ゼロの陶器肌

hanyuunohadakireinoriyuu

 

羽生結弦の引退理由とは

フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦選手が、現役引退してプロ転向する意向を固めたことが7月18日(月)に分かりました。7月19日午後5時から都内ホテルで記者会見が開れました。そこでSNS上では記者会見の内容と同じくらい「肌綺麗」「そっちばかりみてしまう」などのコメントが見られました。

そこで、今回羽生結弦選手の肌が綺麗な秘訣(理由)についてまとめていきます





羽生結弦の肌はなんで綺麗なのか

hanyuuhadakirei 羽生選手は2019年 3月からコーセー 雪肌精のアンバサダーに就任しており、現在まで継続して雪肌精のアンバサダーを行っており、最近では新キービジュアルを 6月 14 日に公開。その取材ではトレーニング後も定期的に活用し、肌を綺麗にするのを努力していたようです。

「雪肌精はみずみずしくて、ベタつかないのでトレーニングの後にもよく使っています。」

引用元:雪肌精のアンバサダーイベント

また、アンバサダーに就任後はより一層肌には気を付けるようになったとのこと。元々競技者として美しさを採点されるスポーツということもあり自身の美しさにも日頃から気をつけていたようです。

「こういうイベントの前などで“ちゃんとしきゃな”と思うときには、肌のコンディションを整えるうえでも使って、すっぴんの肌からキレイにしていけるので」「こうしてアンバサダーに就任させていただいてからは、ちょっとずつ(スキンケアを)積み重ねて、こうして人前に立たせていただくときには、少しでもいい肌の状態にしなくてはな、と改めて感じさせてもらってます」

引用元:雪肌精のアンバサダーイベント





スキンケアの秘訣

hanyuu annbasada-

外からの美容効果

前述したようにフィギアスケートの競技者として、“美しさ”を競う競技において肌の美容にも気をつけていたと考えられます。それこそ練習後には定期的に使用しており、「肌から水分が出ていくので、ほてってしまって顔が赤くなったりするので、そういうときに雪肌精って素晴らしいなって思います」と雪肌精のイベントの際にコメントしていました。

中からの美容効果

長く足の怪我。特に右足の怪我に苦しめられていた羽生選手。

2012年 右足首 故障
2014年 右足首 捻挫
2016年 左足 靭帯損傷
2018年 右足首 故障
2021年 右足首 故障

2013年から羽生をサポートする味の素株式会社の「ビクトリープロジェクト」が開発した「勝ち飯」で、昨年末の全日本選手権の期間中も採り入れた。4回転半の完成へ足首の腱(けん)が強くなるように、主成分のコラーゲンをたっぷり含んだ“スペシャルちゃんこ鍋”などを食べて、五輪本番に向け万全の状態に仕上げていくなど足の強化のためにコラーゲンを摂るなどしていることから、肌へもコラーゲンの良い影響があったためあのような透き通る美肌になったのだと考えられます。

kora-gennnabe





雪肌精のアンバサダー

羽生選手は2019年 3月からコーセー 雪肌精のアンバサダーに就任しています。

hanyuusekkisei

アンバサダーに就任した理由は、雪肌精の商品ブランド名とゆかり深いということが挙げられます。商品名にある“雪”と“精”がフィギアスケートの選手として親和性が高く、雪肌精に親近感を持ったためアンバサダーを受けることを決意したとのことです。

「そもそも雪肌精の“雪”と“精”という名前にすごく親近感を持ちました。僕自身フィギュアスケート選手だからこそ“雪”という言葉に関して親近感がありましたし、“精霊”の精とか“妖精”の精とか、自分がスケートの時に演じているキャラクターの漢字だったりもするので、共通する点が多いなと思いました」

また、「世界的に展開している」「長く愛されているブランド」「社会貢献活動をしている」というところにも雪肌精というブランドに共感したこともあったということです。

そして「雪肌精が世界にグローバルな展開をしていて、挑戦し続けている姿勢にインスパイアされるところがあったということ、および、長く愛され続けるブランドであって、更に社会貢献活動としてもいろいろなことをされているブランドということに共感し、僕も雪肌精のアンバサダーになれたらなと思いました」

羽生結弦の引退理由とは

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA