ニュース

船木威徳容疑者facebook顔画像「虫取り網が似合う少年のような人物」ワクチン詐欺事件

hunakitakenori facebook kaogazou omoshiro

 

高嶋怜音「海までの経路」富山県行方不明事件 

【総まとめ】香川照之の性加害&パワハラ騒動

川崎幼稚園園長「増田立義」について

 

東京 北区にあるクリニックの院長で医師の船木威徳(ふなきたけのり)容疑者(51)が、新型コロナウイルスのワクチンを接種したように装い、市から接種の委託料をだましとったなどとして、詐欺などの疑いで逮捕されました。

そのニュースを受け、SNSでは船木容疑者とは「どのような顔なのか?」「フェイスブックの画像はないの?」「船木の顔画像が見たい」など意見がありました。

そこで、今回は船木たけのり容疑者のFacebook含めSNSの顔画像についてまとめていきます。

船木威徳(ふなきたけのり)容疑者facebook顔画像

まずは、船木威徳疑者の顔画像を入手するべく、船木容疑者のFacebookアカウントをリサーチしました。

フェイスブックで「船木威徳」を検索すると、船木威徳容疑者と同姓同名の人物のアカウントが1件ヒットしました。

hunakitakenori facebook kaogazou
 

こちらのフェイスブックアカウント調査をしたところ、東京都北区にある「王子北口内科クリニック」の院長をしているということがわかりました。

そのため、今回報道にあった「王子北口内科クリニック」院長と情報が合致しました。

hunakitakenori facebook kaogazou

ということで、検索にヒットした「ふなきたけのり」のフェイスブックアカウントが、今回逮捕された船木容疑者のFacebookアカウントであることが確定しました。

船木威徳容疑者のFacebookプロフィールに登録してある顔画像を見ると虫取り網が似合う少年のような画像が登録されておりました。

hunakitakenori facebook kaogazou

院長という肩書きながらフェイスブックの顔と言えるプロフィール画像に子供っぽい格好を登録しているところを見ると、無邪気な性格な人物だったということが伺えます。

他にも、バカ殿のようなフェイスブック画像や、関西ノリ全開な顔をした画像がありました。

hunakitakenori facebook kaogazou omoshirohunakitakenori facebook kaogazou omoshiro hunakitakenori facebook kaogazou omoshiro hunakitakenori facebook kaogazou omoshiro

Facebookの顔画像を見るととても優しそうで、お茶目な面を持っている船木容疑者。

今回男女3人に新型コロナウイルスのワクチンを接種したように装い、市からおよそ1万4000円をだまし取ったとして、詐欺などの疑いが持たれています。

犯行動機については、ふなき容疑者のお小遣い稼ぎだったのか、ワクチン非接種希望者への配慮だったのかわかっておりませんが、今回はお茶目で済まなかったようです。

船木威徳容疑者の経歴・プロフィール

次に船木威徳容疑者のプロフィールをFacebookアカウントおよび病院ホームページから調査しました。

船木容疑者のプロフィールは以下になります。

名前:船木威徳(ふなきたけのり)

生年月日:1971年7月10日(51歳)

住所:不明(1996年まで札幌市白石区に在住していた

職業:一般社団法人全国障害福祉事業者連盟 
        医療法人社団ビジョナリー 理事長
        医療法人社団ビジョナリー王子北口内科クリニック 院長

また、経歴についても以下に記載します。

平成2年 灘高等学校(兵庫県/神戸市) 卒業
平成8年 旭川医科大学医学部医学科 卒業
平成9年 札幌徳洲会病院(北海道/札幌市) 勤務
クイーンズメディカルセンター(米国/ハワイ州)
与論病院(鹿児島県/奄美諸島)
湘南鎌倉総合病院(神奈川県/鎌倉市)
茅ヶ崎徳洲会総合病院(神奈川県/茅ヶ崎市)でも臨床研修
平成12年 東京女子医科大学東医療センター 勤務 (内科・血液浄化部 兼任)
平成23年2月 王子北口内科クリニック 開院
東京女子医科大学東医療センター 内科非常勤講師
社団法人生活習慣病コーディネーター協会 理事
東京都北区高齢者あんしんセンターサポート医
hunakitakenori facebook kaogazou keireki

東京都北区の院長が「なぜ札幌市の男女3人のワクチン証明書をだしたのか?」疑問点でしたが、

船木容疑者は大学時、「札幌市に住んでいた」ということで、札幌市の男女3人と接点があったのかもしれませんね。

船木威徳容疑者の事件概要

船木威徳容疑者の事件概要

容疑者:船木威徳院長

容疑:詐欺容疑

内容:札幌市の男女3人に新型コロナウイルスのワクチンを接種したように装い、市から接種の委託料およそ1万4000円をだましとった

 

hunakitakenori facebook kaogazou gaiyou

 

東京 北区にあるクリニックの院長が、札幌市の男女3人に新型コロナウイルスのワクチンを接種したように装い、

市から接種の委託料をだましとったなどとして、詐欺などの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、東京 北区にあるクリニックの院長で医師の船木威徳容疑者(51)です。

警視庁によりますと、船木院長は去年8月から9月にかけて、札幌市に住む50代の女性など3人に新型コロナウイルスのワクチンを接種したと装ってうその予診票を作成し、

市から接種の業務委託料、およそ1万4000円をだまし取ったなどとして詐欺などの疑いが持たれています。

警視庁によりますと、院長は接種は受けたくないが接種証明書がほしいという女性の求めに応じて接種したように装っていたということです。

調べに対し、容疑を認めているということです。

ワクチンの接種は、原則住民票のある自治体で受けることになっていますが、このクリニックでは去年7月以降、

北海道や広島県など北区以外の100人以上が接種を受けた記録があるということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

引用元:NHKニュース

船木威徳容疑者フェイスブック顔画像「動物好き」

船木威徳容疑者のフェイスブック画像を見ると動物と一緒に写っている写真が多く見つけられました。

船木容疑者は動物好きな優しい人物なんですね。

hunakitakenori facebook kaogazou doubutusuki hunakitakenori facebook kaogazou doubutusukihunakitakenori facebook kaogazou doubutusuki

猫ちゃんの他にはワンちゃん。

hunakitakenori facebook kaogazou doubutusuki

クマさんもいました。笑

hunakitakenori facebook kaogazou doubutusuki

船木威徳容疑者facebook顔画像についてまとめていきましたが、船木容疑者がどのような人物か垣間見えた気がしましたね。

【追記】長く働く人は病気にならない

船木威徳容疑者は医者をしながら執筆活動もしていたことがわかりました。

この本によると、船木容疑者は月に400時間以上働いており仕事に命をかけている人物だということがわかります。

本の概要

自らも月400時間以上働く著者は、現代の日本で、長く働くことが悪いことのように見られているのを憂えています。

高度成長時代、人々は懸命に長い時間働いたのに、過労死という言葉は今のように社会問題にはなっていませんでした。

長い時間働くことが過労死にストレートに結びつくわけではありません。著者のように月400時間働いても元気で健康な人はいくらでもいます。

長時間働いても、そこに自由裁量があるかどうか、また仕事に喜びが感じられるかどうかで健康を害するかどうかが分かれます。

著者はまた、現代の「健康第一」の風潮にも異を唱えます。健康のために人は生きるのではなく、健康はあくまでも手段のはずです。

人生が充実するなら、健康など気にせず、好きなように生きてもいいのではないでしょうか。

とはいえ、思いきり働きつつ健康も増進したい読者のために、著者は自らが実践して効果は証明済みの5つの驚くほど簡単な健康法を紹介しています。

本書は仕事が大好きで長く働いているのに、「働き過ぎは健康に悪いのではないか?」と不安を感じていたり、周囲の「あんなに働くなんてどうかしている」という軽蔑の目を悔しく思ったりしている人々への力強い応援歌です。

本の評価は、本業が本業なだけに低評価をつけている面々が多く見受けられましたが、一部の方からは共感を得られていました。

最新情報があれば、追記しています。

高嶋怜音「海までの経路」富山県行方不明事件 

【総まとめ】香川照之の性加害&パワハラ騒動

川崎幼稚園園長「増田立義」について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA