エンタメ

小室圭さんのビザ問題は解決できるのか?ニューヨーク州の司法試験の内容とは?

小室圭さんのビザ問題は解決できるのか?ニューヨーク州の司法試験の内容とは?

2月18日に小室圭さんが深刻な「ビザ問題」を抱えており、外務省に相談していることが判明した。2月22日と23日の2日にわたってに米ニューヨーク州の司法試験に再挑戦し、見事ビザ取得要件を満たすことができるのか注目が集まっています。

そこで、小室圭さんが受験するニューヨーク州の司法試験についてまとめてみました。
 
本記事でわかること
  • 小室圭さんが受ける司法試験とはどんな内容
  • 合格に必要な点数は?
  • 何割が合格できるの?
それでは、早速見ていきましょう!!!
 

スポンサーリンク

 

小室圭さんが受ける司法試験はどんな内容なのか?

受験資格について

日本人留学生の場合、

  1. 日本の法科大学院(法学部)で法律の学位を取得
  2. ABA(American Bar Association)認定ロースクールのLL.M.コースを修了してアメリカの司法試験(Bar Exam)の受験資格を取得

この2点を取得するのが一般的です。

Bar Examの受験資格は、出願者のバックグラウンド(自国の法学教育やLL.M.での学習内容等)による個別審査で判断されるため、LL.M.を修了したからといって、直ちに受験資格を得られるわけではありません。

アメリカでは日本と異なり、活動をする州ごとに弁護士資格を取得する必要があります。日本人の多くは、ニューヨーク州またはカリフォルニア州のBar Examを受験します。

試験科目について

試験は、年2回(7月と2月)に州ごとに実施されます。

 
ニューヨーク州司法試験 ※
カリフォルニア州司法試験
合格基準点:400点満点中266点
合格基準点:2,000点満点中1,390点
MPT(Multistate Performance Test)
・法律文書起案の試験
・2問、20%
Essay Questions
・カリフォルニア州法に関する記述式試験
・5問、約35%
MEE(Multistate Essay Examination)
・連邦法に関する記述式試験
・6問、30%
Performance Test
・法律文書起案の試験
・1問、約15%
MBE(Multistate Bar Examination)
・全州共通の4択式試験
・Constitutional Law、Contracts、Criminal Law & Procedure、Evidence、Real Property、Torts、Civil Procedure
・200問、50%

※ニューヨーク州司法試験では、2016年7月以降、特定の州に関するものではない統一試験(UBE)として、MPT、MEE、MBEが採用されています。(2021年4月現在)

参照
 

スポンサーリンク

司法試験の合格に必要な点数は266点!

試験は2日間に分けて行われます。

1日目はエッセー問題などで、論理的思考能力が問われます。法律が絡む問題文から法律に関する論点を見つけ出し、自分の持っている知識を生かして自分なりの結論を導き出す法律文書起案の試験を行います。

2日目はマークシート方式で全州に共通する法律知識の4択式試験を行い、法律の知識が問われる問題が出題されます。午前と午後で計200問を解かなければならないためスピードとの勝負でもあります。

合格には400点満点中266点と試験の66.5%以上に回答しないといけません!

司法試験の合格率は63%?

同州の司法試験委員会のホームページによると、前回の2021年7月の試験では、9227人が受験し、5791人が合格しました。つまり全体の合格率は63%で、初めての受験者の合格率は78%。外国人の初めての受験者の合格率は46%だったとのことです。。

7月試験は勉強時間を確保できる卒業直後の学生が多いため合格率は高いが、2月の試験は7月で受からなかった者が働きながら受験するため合格率が下がるという。今回の小室圭さんも同じ状況のため厳しい戦いといえるでしょう。また合否に直結する論述試験は問題用紙が回収され、模範解答も提示されないことから自己採点が難しく、合否予想は困難とされます。

スポンサーリンク

 

まとめ

ビザの相談を外務省にした小室圭さんですが、ビザの発給は国家の主権に関わるため、外務省に応じてもらえる可能性は限りなくゼロに近いとのことビザに関しては外務省が協力できることはないため、二人が自力で何とかしなければなりません。

今回の試験で見事合格し、ビザ取得することができるのでしょうか?

合格率を見ると2回目で受かる可能性もなくはないですが、アメリカへの引っ越しや、住環境の整備などでまとまった勉強時間が確保できているのか不明ということもあり、本人の頑張り次第といえるでしょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。