スポーツ

【2022北京オリンピック】マスコットキャラクターはどんなキャラなのか?

【2022北京オリンピック】 マスコット ビンドゥンドゥン どんなキャラなのか? (1)

2月4日(金)から開催した2022年北京オリンピックの公式キャラクター冰墩墩(ビンドゥンドゥン)ですが、「どんなキャラクターなのか?」「どんな名前の意味なのか?」「キャラに込められた意味は?」などいくつか気になったのでまとめてみました。北京オリンピックをより楽しむためにもこういった情報を知るとより楽しんでみることができますね。

 

本記事でわかること
  • どんなキャラクターなのか?
  • どんな名前なのか?
  • キャラに込められた意味は?
 
それでは、早速見ていきましょう!!!
 

スポンサーリンク

 

ビンドゥンドゥンとはどんなキャラクターなのか?

北京オリンピック公式サイトによると、

 

ビンドゥンドゥンは、宇宙飛行士のスーツを模した氷でできた “シェル” を装着。無限の可能性を秘めた未来のために新しいテクノロジーを活用することを表しています。

出典:北京オリンピック公式 https://olympics.com/ja/beijing-2022/mascot

 

中国と言えば、パンダ!!そんなパンダが着ているのは氷でできた“シェル”ということで、パンダの周りに薄い透明なスーツを着ているのが特徴です。ビンドゥンドゥンは、このシェルのおかげでアスリートと一緒にスケートやスノーボード、スキーをすることができるようになっているとのことです。

また、ビンドゥンドゥンの手のひらにあるハートは、冬季オリンピック出場選手や観客に対する中国のおもてなしの気持ちを表しています。

 

スポンサーリンク

ビンドゥンドゥンの名前に込められた意味とは?

こちらも北京オリンピック公式サイトによると、

ビンドゥンドゥンの “Bing” にはいくつか意味があるものの、北京語(中国の公式方言)で最も一般的な意味は「氷」。純粋さや強さの象徴でもあります。また、「Dwen Dwen」はたくましさや活発さを意味する言葉で、子供を表しています。

出典:北京オリンピック公式 https://olympics.com/ja/beijing-2022/mascot

つまり、氷の上で活発に動き回る子供という意味が込められています。

北京オリンピックで活躍する選手の活躍に興奮した氷上のキャラクターとしてはぴったりのネーミングではないでしょうか!

ビンドゥンドゥンのキャラデザに込められた意味とは?

ビンドゥンドゥンが来ているシェルは、宇宙飛行士のスーツを模しており、無限の可能性を秘めた未来のための新しいテクノロジーを表しています。

シェルは宇宙飛行士のスーツを表現しており、中国が今年、独自の宇宙ステーションを完成させる予定ということもあり、自国の宇宙開発をアピールする狙いもあるのではないかと考えられます。

顔の周りは、ピンクや赤、黄、青といったカラフルな光の輪で彩られているが、顔の周りの明るい光の5本輪では、

  • オリンピックの五輪の輪
  • 中国の高度なテクノロジー
  • 中国が力を入れる次世代通信規格の5G
などを表現しているとのことです。
 

スポンサーリンク

まとめ

北京2022冬季オリンピックの公式モットーである「Together for a Shared Future(未来に向かって一緒に)」をビンドゥンドゥンが表現しており、人類の未来を共有するため、世界的な課題を共同体として克服するという大会のパワーを示しています。

2008年北京オリンピックの公式キャラクターと比べるとより近代的なキャラクターデザインになったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。