エンタメ

【新海誠-最新作】~すずめの戸締まり~公開日?内容?声優は?

すずめの戸締まり
2021年12月15日(水)帝国ホテルで新海誠最新作「すずめの戸締まり」の発表がありました。詳細については23時にの東宝Movieチャンネルにて発表されました。
 
 
 
待望の最新作発表とあり、反響を呼んでいる「すずめの戸締まり」の詳細について確認していきましょう。

スポンサーリンク

 

公開予定日はいつ?

新海誠最新作「すずめの戸締まり」は2022年秋より公開するのがわかりました。
 
過去の掲載作品も2〜3年のめどに公開していたので、予想されていた方も多かったのではないでしょうか?
 
公開年
作品タイトル
2002年
ほしのこえ
2004年
雲のむこう、約束の場所
2007年
秒速5センチメートル
2011年
星を追う子ども
2013年
言の葉の庭
2016年
君の名は。
2019年
天気の子

スポンサーリンク

ストーリーのあらすじは?

日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービーです。

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにポツンとたたずむ、古ぼけた扉。何かに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが……。

やがて、日本各地で次々と開き始める扉。その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”が始まる。見たこともない風景。人々との出会いと別れ、驚きと困難の数々。それでも前に進むすずめの物語は、不安や不自由さと隣り合わせの日常を生きる私たちの旅路にも、一筋の光をもたらす。

主人公は?

 声優

新海監督の発言では、

「まだすずめ役のオーディションもしてないので、萌音ちゃんと七菜ちゃんに助けていただけないでしょうかと探ったら事務所の方からも快諾をいただいた」

と明かしており、『君の名は。』ヒロイン役を演じた上白石萌音、『天気の子』ヒロイン役を演じた森七菜も主人公の声優候補にあがっているようです。

なぜこのストーリーテーマにしたのか?

2021年4月のツイートで、以下のように発言しています。
 

この呟きからもわかるように万人に受け入れられる作品でありながら、どこか尖ったメッセージを配信したかったからではないでしょうか。
 
また、映画の脚本作成中に感染が拡大し、社会の形が変わったことからも下記メッセージを報道ステーションで配信しており、
 
「社会の形が変わるってことは人の心の形も少し変わることだから、
それを観てもらうための、その人たちに観てもらう映画ですから、映画の形も年々変わっていると思います。」
 
感染拡大で社会が、生活が、変わっていったことを意識しているのではないでしょうか。
 
 

スポンサーリンク

まとめ

新海誠の最新作「すずめの戸締まり」の2022年秋に公開予定です。

「君の名は」「天気の子」同様に私たちを感動の渦に巻き込んでくれるが楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。