ニュース

うまい棒が10円から値上げされる理由とは!?なぜ、この時期なのか!

うまい棒が10円から値上げされる理由とは!?なぜ、この時期なのか!

1月27日(木)にうまい棒を製造している“やおきん”公式ツイッターより、「うまい棒値上げ」の発表がありました。

 

この発表を踏まえ「なぜいまなのか」「いままでの企業努力はあったのか」など気になったのでまとめて見ました。

 
本記事でわかること
  • うまい棒値上げの理由
  • いままでの企業努力
  • SNSでの世間の反応
それでは、早速見ていきましょう!!!
 

スポンサーリンク

 

うまい棒値上げの理由はトウモロコシや植物油脂などの原価高騰

長年愛されていたうまい棒が10円から12円に値上げされる背景として、公式ツイッターでは、
 

各メディアで報じられている通り、うまい棒は原材料、運送費などの高騰を受け、2022年4月1日より価格が10円から12円になります。

42年この値段を維持できたのはひとえに皆様の応援、製造、流通に関わる関係各位のご協力の賜物と、心より感謝しております

出典:公式ツイッター

 
と公表しています。
 

うまい棒を販売するためには、原材料のトウモロコシのほか、植物油や包装資材、輸送費など原価がかかりますが、文化放送の火曜コメンテーター、上武大学教授の田中秀臣氏によると「米国産のとうもろこしを使っているというのがポイントだと思いますね。アメリカの食料品の価格が上がっていることは明白なので」とコメントしており、一番の理由は米国産のトウモロコシではないかと語っていました。

スポンサーリンク

今までもサイズ変更の企業努力はあった!

やおきんでは、発売以来約42年にわたり1本10円という価格にこだわり、子どものお小遣いでも選ぶ楽しさを感じてもらえるよう、生産・物流・管理コスト等あらゆる点で、コストダウンの努力を続け、販売価格への転化を抑えてきました。

それでも、1本10円での販売が立ち行かなくなり、2007年ごろに内容量を1グラム減らす対策をしたことがありますが、それ以外に商品、金額に対してメスを入れたことはありません。

トウモロコシの価格推移

世界経済のネタ帳

原材料のトウモロコシの原材料を見ると2007年ごろに急高騰し、内容量を1グラム減らす対策をとったものの、2010年から2013年の高騰時にはガソリン価格の低下から運輸費を抑えるなどの企業努力で乗り越えることができましたが、今回のトウモロコシ価格の高騰は企業努力のみでは乗り越えることができなかったようです。

スポンサーリンク

SNSでの世間の反応は

感謝派

 

悲観派

 

サイズ変更派

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回のうまい棒の値上げニュースは日本国内のみならず、海外でもに取り上げられました。

今回の記事では、「なぜ値上げするの?」「いままでの企業努力」「SNSの反応」などまとめました。参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。